依存しすぎには要注意

私に初めて彼氏が出来たのは20歳の頃でした。

それまでに何度か告白もされましたが、私は男の人が大の苦手だったので、付き合うなんてもってのほかでした。

何故なら、男の人と目を合わせて話をすることも出来なければ、電車で男の人が座れば冷や汗が止まらなくなる、こんな自分が男の人と付き合うなんて考えられなかったからです。

しかし、大学に入りさすがに苦手を克服しなければと思い、拙いながらも男の人と一生懸命会話するようにしました。

しかし、目も見られない、どもってしまう私にあまり男友達は出来ませんでした。

その数少ない男友達の1人が初めて出来た、彼氏だったのです。

彼は、過去の恋愛経験も多く、彼氏らしいことをたくさん私にしてくれました。

その彼に私はどんどん惹かれていき、そして依存するようになっていきました。

私が彼なしでは生きていけないと思い始めた矢先、彼は私に「自分は自律神経失調症なんだ。」と、告白しました。

この病気は大まかなことは知っていたので、彼のことを全身全霊で支えたいと思いました。

しかし、告白をしたことをきっかけに、彼はその病気の本領を発揮し出したのです。

何かあると、すぐに死ぬと言い実際にベルトで首を絞めたり、アルコールを大量に飲料し、死のうとしました。

また、怒ると感情が抑えられず暴言を吐かれたり、時には手を出されたりもしました。

私は病気のせいなので、仕方ないと無理矢理思い込み、大泣きするしかありませんでした。

そんななか、私もどんどん彼の負の感情に引っ張られ、何もしたくない、誰とも会いたくないと思うようになり、引きこもるようになりました。

このままではダメだなと思いつつ、しかし彼に依存している私はどうすることもできませんでした。

しかし、付き合って4年が経った時、トドメの喧嘩をしこちらから振って別れました。

別れた後は本当に落ち込み、どうにかなりそうでしたが、新しい彼氏が出来てからどんどんそのときの辛い記憶は消えていきました。

初めての彼氏でしたし、本当に愛していましたが、依存するととても辛く危険なんだ知りました。

本当に辛いことばかりでしたが、一生で最初で最後の大恋愛、とても良い経験が出来ました。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *